ちゅらさんファン

ちゅらさん基本データ

放送:2001年上半期(NHK連続テレビ小説シリーズとして放送されたテレビドラマ
脚本:岡田惠和
出演:国仲涼子、小橋賢児、他多数
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/archives/meisakuza/detail/?vol=37
あらすじや動画情報:http://dramadouga.com/archives/656

ちゅらさんファン1人目

美しい沖縄を舞台に主人公の恵理が成長していく過程が描かれたドラマでした。主人公の恵理と家族がとても仲が良く観ていて毎回とても心が温まりました。改めて家族の絆の大切さを教えてもらったドラマでした。

また、沖縄に縁のある方々が多く出演されており沖縄を舞台にしたドラマだからこそ出来た演出もとても楽しかったです。恵理が沖縄から上京して東京での生活を送った一風館の人々との暮らしも面白く周りの人の暖かさに観ていて心を打たれました。

ヒロインの恵理の初恋相手である文也と東京で再会を果たすのですが、淡い恋の展開も毎回見どころで良かったです。沖縄と東京を舞台に恵理が人間的に成長していくとともに家族や友人の大切さを改めて教えられたドラマでとても見応えがありました。

ちゅらさんファン2人目

広大な海の広がる沖縄を舞台に物語が展開します。暖かい家族の絆を描き、恋愛シーンもあります。芸人ガレッジセール・ゴリが活躍したことが印象的でした。この作品で初めて知ったのがゴーヤマンという沖縄のキャラクターです。

ドラマの中でゴーヤマンの格好に扮したゴリもまた面白かったです。

これきっかけでゴーヤマンを人に頼んで買ってもらいました。主人公ヒロインのおばあちゃんが優しそうで、とても人情味のあるキャラクターに描かれていました。おばあちゃん子なので主人公のおばあちゃんも大好きになりました。

一度も行ったことのない島ですが、沖縄の綺麗な風景が描かれるこの作品はシナリオを抜きにしても目にすれば癒やしとなる作品でした。

ちゅらさんファン3人目

テレビで初めて、沖縄の方言を聞き、その独特なイントネーションがとても可愛く沖縄が好きになりました。

特に印象に残っているのが、小浜島で和也が恵理に「エリィー大人になったらいつか結婚しようねー」と言った部分で、「結婚しようねー」の部分のイントネーションが可愛く今でも頭に残っています。

そして、いつか私も誰かに言ってもらえる時が来たらなぁと思っています。

ドラマの中で出てきた、ゴーヤーマンも当時すごく流行り、キーホルダーなど探して買った記憶があります。

放送してた時からもう何年もたっていますが、つい最近職場で、ゴーヤーマンのキーホルダーを持っている人がいて、とても懐かしくなりました。

ちゅらさんは、私の青春です。

ちゅらさんファン4人目

沖縄を舞台したドラマで、主演は国仲涼子さんでした。このドラマ最大の見どころは沖縄の自然と平良とみさん演じる「おばあ」という存在であります。島国特有の温かさがお茶の間に半年間届けられ、結果としては高視聴率ドラマとなりました。

個人的に気に入っているシーンは、丹阿弥谷津子さんがオーナーを務めた一風館という下宿先での出来事です。住人の一人であった村田雄浩さんが発した「似ている」というフレーズから始まる回想場面が常におもしろかったです。

当時私もこうした下宿先に住んでみたいと憧れるようになり、学生時代は都内の老若男女がいるところへお世話になりました。

ちなみに今までの連続テレビ小説のうちで、トップ3に入る作品です。